インクレミン

インクレミンは鉄欠乏性貧血の薬です。特に小児に処方されることが多く、比較的飲みやすい薬となっています。 小さい赤ちゃんにインクレミンを飲ますのは難しくスポイトで飲ますということが行われます。 このサイトではインクレミンについていろいろ紹介しているので参考にしてみて下さい。
スポンサードリンク

インクレミンとは

インクレミンは貧血の治療薬として使用されます。一般名としては溶性ピロリン酸第二鉄と言い、不足した鉄分を補う薬として使用されます。 効果効能は鉄分が足りない時に起きる鉄欠乏性貧血を治すためのものです。

インクレミンは副作用はほとんどない薬なのですが、注意する点としてはインクレミンだけでなく以前に薬を使用して痒みや発疹などアレルギー症状が出た方、消化性潰瘍や慢性的な胃腸疾患がある方、妊娠中または授乳中の方などは医師に相談して処方してもらうようにしましょう。

副作用として尿や便が黒くなる場合がありますが、特に気にする症状ではないので服用を続けてよいでしょう。一部の抗生剤はインクレミンの腸での吸収を妨げるので一緒に服用するのは避けましょう。

また、お茶の中に含まれるタンニンもインクレミンの吸収を妨げます。水で飲むようにしましょう。 このインクレミンは主に小児用の貧血治療薬として用いられます。オレンジ色の液体なのでお子様でも飲みやすいのではないでしょうか?

子供は体も小さく特に赤ちゃんなんかは貧血になりやすいようです。親がきちんと気をつけていてもなってしまうのでインクレミンのような治療薬で早めに治療してあげましょう。



インクレミンの服用について

インクレミンは鉄欠乏性貧血の場合に用いられる薬です。この鉄欠乏性貧血というのは生体内でヘモグロビンの合成に必要な鉄が欠乏し、それが十分に行われないために起こる貧血で日常生活で起こるもののほとんどがこれに該当します。

特に妊娠中の女性は必要な鉄分が胎児にいってしまうためにこの貧血になりやすくなっています。そのためインクレミンが処方されることがあります。

これになる原因としては慢性的な出血や成長期や妊娠による需要の増大、月経過多など様々です。小さく生まれた赤ちゃんなんかはこれになりやすくスポイトなんかでインクレミンを飲ませるということが多くあります。

小さい口にインクレミンを入れるのは難しく飲みにくい場合は注射や点滴でインクレミンを摂取する場合もあります。

しかし、点滴などによるインクレミンの服用は経口補充と違ってアナフィラキシーショックを起こす場合があるので注意しましょう。

インクレミンの量は経過を見て減らしていきます。インクレミンの服用が無くなったということは貧血の症状が良くなったということなので乳幼児にとっては喜ばしいことだと思います。

なるべく薬の服用というのはしたくないものですが貧血は慢性化すると結構大変な病気なので早めの治療をして小さいうちに完治しておくと良いでしょう。


関連商品・グッズをお探しなら


Copyright (C) 美容と健康の豆知識 All Rights Reserved